この度の熊本地震で亡くなられた方々へ謹んでお悔やみを申し上げますとともに、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
 この度の地震で被災された皆様へのご支援をするがんばろう熊本!九州を元気に!プロジェクトが7月20日までの期限付きで発動しました。このプロジェクトでは、当店のボランティア活動や熊本の頑張り情報の発信をしていきます。


当店の活動内容

  • 義援金募集(募金活動)… 終 了
  • 被災者支援サービス … 終 了
  • ボランティア活動 … 現在未実施
「がんばろう熊本!九州を元気に!」プロジェクトについて(PDF)


熊本市内を訪れて…

 情報部長である私は、5月5日。熊本市に行ってきました。いつもの熊本市の街並みと様変わりしているのに驚いた。買い物をするときは決まって、玉名駅からJRで上熊本駅まで行き、そこから熊本市電(路面電車)で通町筋まで行くのだ。市電に乗っていると、新町・辛島町付近でこの度の地震で危険要注意調査済という貼り紙が家屋のいたるところで目につく。そして、熊本城・市役所前電停を通り過ぎると熊本城が見えてくる。すると、石垣や城壁が崩れていて、県民の象徴でもある熊本城がこんにも無惨な姿になっているとは…。悲しくなってくる。ですが、通町筋電停を通り過ぎると下通や上通にはたくさんの人々が行き交っていました。少しずつですが、熊本市内も復興しつつあるようです。熊本城の修復には十数年という年月をかけないと元通りには戻らないとも言われており、復興にはだいぶ時間がかかるようです。なるべく早く、熊本県民の象徴ともいわれる熊本城を直してほしいと思う。
 今日は、通町筋電停では降りません。水前寺のほうまで行きます。新水前寺駅からはJR豊肥線で光の森駅まで乗りました。車内から熊本市東区の様子を見てますと、屋根にブルーシートの家々。龍田地区でしょうか?この地区も被害が大きかったようだ。そして、光の森駅に着くと目の前にゆめタウン光の森(商業施設)があります。店内は、蒸し暑く空調設備がすべて止まっているとの貼り紙がありました。天井には無数の亀裂と天井の板が抜け落ちているところもありました。全体の復旧まで時間が掛かりそうです。この危険な最中熊本市内や菊陽町に行ってきた訳ですが、被害の状況が知れました。当店で行っている義援金をなるべくはやく寄付したいという気持ちがわいてきました。


益城町へ行ってきました

 5月11日、益城町にある熊本空港へ用事があったため、行ってきました。益城町の様子もやはり以前とは違う光景が広がっていました。幸い、私の身内には益城町に住んでいる人はいなかったのですが、同じ熊本県内ではこんなにも被害の状況が違うのに驚きました。なんとしてでも、はやく義援金を寄付したいと思います。そして、被災者の方々に少しでもはやく元通りの生活をしていただきたいものです。


災害義援金についてご案内

 当店で実施しておりました、平成28年熊本地震・義援金募集(募金活動)は、5月20日をもって終了しました。
皆様のご協力ありがとうございました。寄付先については、こちら >>
aa